奄美大島のアクティビティ予約なら"奄美ツアーズ"♪

奄美大島の7月の天気・服装・おすすめアクティビティ!

奄美大島に旅行へ行くなら春夏秋冬いつがベストシーズンなのでしょうか。シーズンごとのメリット、デメリットをまとめました。いく季節ごとに、服装や過ごし方にも違いが出てきますので事前にチェックしてみてください。

奄美の7月とは?

奄美大島の7月は梅雨も明けておりベストシーズンです。この時期は海が一番綺麗な時期で澄んでおり、海水浴やダイビングなどのアクティビティにもってこいの季節です。

ただ、この時期は学生は夏休みシーズンであるので、飛行機やホテルは通年よりも高めです。観光客や帰省客も多いため、早めに飛行機の予約をしたり、アクティビティも早めの予約をした方が安心です。

 

奄美の7月の天気

次に気になる奄美大島の7月の天気ご紹介します。

7月の奄美の天気

平均気温:29.5℃(東京:25.8℃)

東京よりも3度高いので常夏気分が味わえます。

月間降雨量:130㎜

晴れの日:24.7日 雨の日:2.7日

台風接近数:1.3個

日の入り:7時35分(1年で最も遅い)

 

夏(7~8月)

月の9割ほど晴れていて、日差しもとても強いです。日照時間は一番多い時期なので日焼け止めが手放せません。しかし、飲食店、フェリー等の室内は想像以上にクーラーがガンガンい冷えているので、ストールなどで温度調節したほうが良いです。

 

 

7月の奄美の服装と持ち物

7月は暑く、ショートパンツ・半袖・サンダルで大丈夫です。しかし日差しが強いので、日焼けしたくない方は薄手の上着やラッシュガードで日焼け対策をしましょう。

7月の服装

女性:半袖、ショートパンツ、薄手の長そで、サンダル

男性:Tシャツ、水着、サンダル

7月のおすすめ持ち物

日焼け対策に、日焼け止め、サングラス、帽子は必ず必要。こまめに水分補給ができるように水分を持ち歩くこともおすすめします。

 

奄美の7月の主なイベント&楽しみ

龍郷ふるさと祭

当日は花火大会が開催され町全体がにぎやかにお祭りモードになります。

【住所】鹿児島県大島郡龍郷町瀬留

【アクセス】奄美空港から車で30分

【開催日】7月27日(土曜日)

【予定】舟こぎ競争、八月踊り

手長エビ

ペットとして人気のあるテナガエビですが、奄美にも生息しているポピュラーな手の長いエビです。7月は手軽に楽しめるテナガエビ釣りのシーズンです。以下は体験ツアーです。

【参加費用】5000円

【時間】2時間

【開催シーズン】6月~8月

09:00~17:00

https://www.amami.org/satoyama/94

 

見出し5.奄美の7月におすすめスポット

 

ウミガメ観察

奄美大島周辺は海水温度が高く泳ぐのに最適な場所。そんな奄美の海ではウミガメは高確率で見ることができます。運が良ければ、産卵を見学できたり、ウミガメがご飯を食べている姿を見れるかもしれません。220種類もの彩り豊かなサンゴの海に抱かれた奄美の海には島周辺全てがシュノーケリングスポットといってもいい程、ウミガメや魚たちが出迎えてくれます。

土盛海岸

奄美大島の土盛海岸

出典:4travel

その美しく澄んだ青は、ブルーエンジェルとも呼ばれるほどため息が出るほど綺麗な景色が楽しめるビーチです。遠浅なので、小さいお子様がいても安心して楽しめます。奄美空港から北へ車で10分くらいでアクセス良好なところも人気に秘密です。

住吉のマングローブ原生林

癒しの空間

出典:4travel

奄美大島はマングローブ原生林は国内で第2位の大きさを持ち、神秘的なマングローブは、水の塩分濃度によって徐々に木々が変化していくところも魅力の一つです。

 

金作原原生林

金作原原生林

出典:4travel

巨大な亜熱帯広葉樹林が多数原生し、特別天然記念物アマミノクロウサギなど貴重な野生生物が生息している自然豊かな神秘的な場所です。奄美市役所から車で40分ほどの距離になります。

 

奄美の7月のおすすめアクティビティ

奄美大島トレッキングツアー

奄美大島の亜熱帯原生林『東洋のガラパゴス』を散策し、あの有名なゴジラの撮影に使用されたスポットとしてもメジャーな場所で、写真映えスポットです。映画『ジュラシックパーク』を思わせるような古代のジャングルへ1day Trip。普段めにすることのない手つかずの自然に触れ、木々に留まる野鳥やひらひらと舞う蝶々などにも出会えます。世界自然遺産登録候補の大自然を満喫しましょう。トレッキングで森林浴を心行くまま楽しみましょう。

 

カヌー

奄美のカヌーはマンゴローブの中をカヌーで散策することが多いです。マングローブとは木の名前ではなく、熱帯・亜熱帯の海水と淡水が混ざり合う汽水域に生息する植物が形成するジャングルのこと!そのため、水の塩分濃度によって徐々に木々が徐々に変化していくところもカヌーの楽しみの一つで、誰でも簡単に濃いで乗る事が出来るのでお子様から年配の方まで楽しめます。

初めて自分でパドルを漕ぐと最初は怖いかもしれませんが、徐々に慣れてきて、楽しさ、スピード感、心地よさを体感できるカヌーツアーは爽快感たっぷりです。満潮干潮、季節、時間によっても表情を変えるマングローブ。特に干潮時にはシオマネキやノコギリザガミといった小動物の姿も見えます。夕焼けや星空を見るツアーもあるのでお好みによって参加するツアーを選択しましょう。

ナイトツアー

奄美大島の雄大なジャングルを車で回るジャングルナイトツアーで昼間とは表情の異なるジャングルをのぞき見しましょう!日本初の国の天然記念物に指定されたアマミノクロウサギにも出会えます。夜の動植物たちに出会いに行きましょう!

夜の道を4WDでゆっくりと進みます♪アマミイシカワガエルやリュウキュウアカショウビン、リュウキュウコノハヅクなど離島ならではの独自の生態系が生んだ希少生物を観察できます。小さなお子様から参加できるのでご家族、3世代で一緒に体験しましょう!

シュノーケリング

カラフルサンゴが広がる『アマミブルー』の美しい海をお手軽シュノーケリング♪小さいお子様やシュノーケリングが初めての方におすすめの初心者コース!透明度の高い海とカラフルサンゴ、可愛い熱帯魚たちとゆっくり楽しめます!

特に人気のファイティングニモで一躍有名になったクマノミは日本で6種類中3種類がここで見ることが出来ます!奄美では、サンゴはなんと220種類も生息しています。ぜひ、人が近づいても魚が逃げない自然のままの奄美の海をシュノーケリングで一度体験してみてみましょう!

まとめ

今回は奄美大島7月の天気、おすすめの服装や持ち物をまとめました。また観光スポットやツアーについて詳しくご紹介しました。7月は比較的天気がよく、半ぞで短パンで過ごせそうですね。台風が不安要素ではありますがこまめに天気予報をチェックしましょう。

体温調節のためには織物を持っていくことをお勧めします。滞在中は、海の仲間に会いにシュノーケリング、夕暮れ時にマングローブ散策、夜はナイトツアーで珍しい動植物の見学ツアーなど、1日中楽しめます。

ただし、日差しが強いので日焼け止め、グラサン、帽子はマストアイテムです。繁忙期なので、早めに興味のあるアクティビティは予約を取りましょう。普段会えない希少動物、手つかずの大自然、夜景、ビーチ、非日常を感じに、魅力的な奄美に行きませんか。

奄美大島の全て遊びはこちら↓
奄美ツアーズ

-この記事をシェアする-

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、奄美ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!