さらに
絞り込む
該当プラン数 47
カテゴリーからプランを探す
    特徴からプランを探す
    奄美大島関連情報

    奄美大島の7月の天気・服装・おすすめアクティビティ!

    最終編集日時;
    投稿日時;

    奄美大島に旅行へ行くなら、春・夏・秋・冬のいつがベストシーズンなのでしょうか。

    今回は、それぞれのシーズンごとのメリット・デメリットをまとめました。

    時期が違えば現地での服装や過ごし方も変わってきます。

    旅行の計画を立てる前に、ぜひチェックしてみてください!

     

    奄美の7月とは?

    奄美大島の7月は、梅雨も明けており、旅行のベストシーズンです。

    この時期は海が澄んでいて一番きれいで、海水浴やダイビングなどのアクティビティにもってこいの季節です。

    ただ、7月後半は学生の夏休みシーズンに入ってしまうことから、飛行機やホテルは、通常よりもかなり高い料金になってしまうことが最大のデメリット。

    観光客や帰省客も多いため、混雑が予想されます。

    そのため、飛行機やアクティビティの予約は早めに済ませておきましょう。

     

    奄美の7月の天気

    次に、気になる奄美大島の7月の天気・月間降雨量・台風接近数について、ご紹介します。

    7月は奄美大島の1年を通して、平均気温が最も高い月です。

    梅雨もすでに明けているので、マリンレジャーにおすすめです。

     

    7月の奄美の天気

    平均気温:29.5℃(東京:25.8℃)

    奄美大島は、本州よりもかなり南に位置しているので、夏はとても暑いイメージではありませんか?

    実は意外にも、平均気温は東京よりも3℃高い程度です。

    本州の熊谷や多治見で40℃近い気温が記録される日もあることを思うと、奄美の方が過ごしやすい気候かもしれません。

     

    月間降雨量:130㎜

    晴れの日:24.7日 雨の日:2.7日

    7月は雨の降る日がかなり少ないです。

    日差しも強く、晴れている日はとても暑くなります。

    そのため、日焼け対策だけでなく、熱中症対策も併せて行うようにしましょう。

     

    台風接近数:1.3個

    接近する台風の数は、多い年もあれば少ない年もあります。

    夏の旅行は早めに予約する人が多いと思いますが、台風で予定がキャンセルになることも考えられます。

    せっかく奄美まで行ったのに何もできなかった…ということが無いように、余裕のあるスケジュールを組んでおきましょう!

     

    日の入り:19時35分(1年で最も遅い)

    7月の奄美大島の日の入り時刻は、19時半過ぎ。

    東京よりも30分程度遅いのです。

    昼の時間がたっぷりあるので、思う存分遊べます。

    日の出の時刻も5時半前なので、がんばって早起きして南国の島を満喫しましょう!

     

    夏(7~8月)

    7月のほとんどの日が晴れていて、日差しもとても強いです。

    日照時間が一番多い時期なので、日焼け止めが手放せません。

    しかし、飲食店・フェリー等の室内は想像以上に、エアコンがガンガン効いています。

    体温調節ができるように、薄手のカーディガンやストールは、荷物に入れておいた方がいいでしょう。

     

    7月の奄美の服装と持ち物

    7月の平均気温は29.5℃ですが、日差しが強いので実際の気温以上に暑く感じることがほとんどです。

    屋外での服装は、ショートパンツ・半袖・サンダルで問題ありません。

    日焼けしたくない方は、UVカット仕様の上着やラッシュガードで日焼け対策をしましょう。

    海に入る場合は、日焼け止めをこまめに塗り直しましょう。

     

    7月の服装

    女性:半袖・ショートパンツ・UVカットのカーディガンやストール・サンダル

    男性:Tシャツ・水着・サンダル

     

    外で活動する場合は上記の服装で大丈夫です。

    UVカットのカーディガンやストールは、日焼け対策だけでなくエアコンの効いた室内で羽織ることもできます。

    ビーチや街中を歩くときは、サンダルで問題ありません。

    原生林の中を散策したり、ナイトツアーに出かける予定があるならば、スニーカーも用意しておきましょう。

    また、草むらには猛毒のハブが潜んでいることがあります。

    虫に刺される危険もありますので、長袖・長ズボンなど、肌が露出しない服装をおすすめします。

     

    7月のおすすめ持ち物

    日焼け対策として、日焼け止め・サングラス・帽子は必須です。

    最近はUVカット仕様の服も販売されていますので、日焼け止めと併用すると安心です。

    日差しが強いので、レンタカーを運転する時も、サングラスはかけておいた方がいいでしょう。

    暑い日が多いので、熱中症対策を忘れずに行ってください。

    こまめに水分補給ができるように、飲み物を持ち歩くことはもちろん、ネッククーラーなどもあるといいでしょう。

    虫に刺されるのが心配な人は、虫よけスプレーもあると便利です。

     

    奄美の7月の主なイベント&楽しみ

    奄美大島で7月に行われている主なイベントや、おすすめのお楽しみをご紹介します。

    どれも魅力的なイベントばかりなので、ぜひチェックしてみてください!

     

    龍郷ふるさと祭

    龍郷(たつごう)ふるさと祭は、奄美大島でいちばん早く開催される夏祭りです。

    メインイベントは、なんといっても舟こぎ競争!

    お祭りのために一生懸命練習してきた漕ぎ手が集まるので、手に汗にぎる試合を見ることができます。

    花火大会では、1200発もの花火が打ち上げられ、お祭りの雰囲気を盛り上げます。

    その他にも、素人芸能ショーや八月踊りなどのイベントが目白押しで、町全体がにぎやかなお祭りモード。

    夏祭りにつきものな屋台もたくさん出ていますので、奄美の夏を思いっきり楽しんでください!

     

    【住所】〒894-0102鹿児島県大島郡龍郷町瀬留

    【開催地】龍郷町玉里漁港・龍郷町中央グラウンド

    【アクセス】奄美空港から車で30分

    【開催日】毎年7月下旬予定

    【予定】舟こぎ競争・八月踊り・花火大会・素人芸能ショーなど

     

    手長エビ

    テナガエビというはさみの部分が長いエビを知っていますか?

    海ではなく川にいるエビで、最近はペットとして飼う人も多いようです。

    奄美にも生息しており、地元の方言ではタナガと呼ばれています。

    唐揚げにして食べると美味しいテナガエビは、7月がちょうど釣りのシーズン。

    米ぬかをエサに、エビをおびき寄せて網ですくうというシンプルな釣りなので、子供から大人まで楽しめます。

    興味がある人は、ぜひ体験ツアーに参加してみましょう。

    川の中に入るので、ビーチサンダルではなくマリンシューズがおすすめです。

     

    【参加費用】5000円

    【時間】2時間

    【開催シーズン】6月~8月

    【時間帯】9:00~17:00

    【参考URL】https://www.amami.org/satoyama/450.html

     

    南国フルーツ

    奄美のグルメでおすすめなのが南国フルーツ。

    スーパーでは見かけることの少ないパッションフルーツ・マンゴー・ドラゴンフルーツなどを味わってみませんか?

    いずれも7月が旬なので、瑞々しくてとっても美味しいです!

    まるごといただくのはもちろん、スムージーもおすすめ。

    地元のカフェに立ち寄ったら、ぜひ注文してみてください。

     

    奄美の7月におすすめスポット

    豊かな大自然が魅力の奄美大島は、見どころがたくさん。

    ここでは、7月の奄美で訪れて欲しいおすすめスポットをご紹介します。

     

    ウミガメ観察

    奄美大島周辺は海水温度が高く、海水浴にぴったり。

    そして、ウミガメと高確率で出会うことができる魅力的なスポットです。

    運が良ければウミガメがエサを食べている姿や、産卵している姿を見学することができるかもしれません。

    また、奄美周辺の海には220種類ものサンゴが生息しています。

    彩り豊かなサンゴや熱帯魚が出迎えてくれる奄美周辺の海は、シュノーケリングスポットとしても大人気です!

     

    土盛海岸

    奄美大島の土盛海岸

    出典:4travel

    奄美空港から北へ向かって、車で10分ほど走ると到着する土盛(ともり)海岸。

    アクセスが便利なだけでなく、ブルーエンジェルと呼ばれる美しい海の青さが、とても魅力的なビーチです。

    ため息が出るほどきれいな景色は、インスタ映えも抜群!

    遠浅の海なので、海水浴も広い範囲で楽しめますが、油断すると離岸流であっという間に岸から遠くへ流されてしまうこともあります。

    小さいお子様を連れている場合は、目を離さないように注意してください。

     

    住吉のマングローブ原生林

    癒しの空間

    出典:4travel

    奄美大島にあるマングローブ原生林は、日本全国で第2位の広さを誇ります。

    その中でも、住用村にあるマングローブ林は、島固有の貴重な生物の宝庫。

    国定公園特別保護地区にも指定されています。

    実は、マングローブという特定の名前の木はありません。

    海水と淡水が混ざり合う汽水域に生息する、熱帯・亜熱帯の植物が形成するジャングルのことです。

    神秘的なマングローブ林の景色は、水の塩分濃度によって、徐々に木々が変化していくところも魅力の一つ。

    間近で観察できるカヌーツアーに参加するのがおすすめです。

     

    金作原原生林

    金作原原生林

    出典:4travel

    金作原(きんさくばる)原生林は、奄美市役所から車で40分ほどの距離にあります。

    少し遠いですが、奄美の自然を堪能したいなら、ぜひ行ってほしい場所です。

    巨大な亜熱帯広葉樹林がたくさん原生しているため、同じ日本とは思えない光景が目の前に広がっています。

    現在は、エコツアーガイドの同行が義務付けられているので、ガイドの案内に従って、原生林の中を散策してみましょう。

    古代植物の生き残りといわれているヒカゲヘゴや、奄美の固有種であるルリカケスなど、ここでしか見られない動植物をたくさん見ることができますよ。

     

    奄美の7月のおすすめアクティビティ

    次に、7月に奄美で楽しめるおすすめのアクティビティをご紹介します。

    海でマリンレジャーを満喫するのもいいですし、熱帯植物が生い茂る原生林で珍しい生き物を見つけることができるのも、奄美ならでは。

    気になるツアーがあれば、迷わず申し込んでみましょう!

     

    奄美大島トレッキングツアー

    『東洋のガラパゴス』と呼ばれる奄美大島の亜熱帯原生林は、トレッキングにぴったり。

    森林浴を兼ねたトレッキングで、日々のストレスから解放されてみませんか?

    原生林は、映画・『ゴジラ』の撮影に使用されたスポットとしても有名な場所で、写真撮影にもってこいです!

    映画『ジュラシックパーク』を思わせるような古代のジャングルへ、つかの間のタイムスリップ気分を味わってみましょう。

    手つかずの自然の中で、普段目にすることがない野鳥やひらひらと舞う蝶々などにも出会えるかもしれません。

    世界自然遺産登録候補の大自然を、ぜひ満喫してください!

     

    カヌー

    奄美のカヌーは、マングローブ林の中を探検するのにおすすめ。

    川を進んでいくと景色が変わっていくマングローブ林は、カヌーの楽しみの一つです。

    誰でも簡単に乗ることができるので、お子様から年配の方まで、幅広い年齢層の人が参加できます。

    自分でパドルを持って漕いでみると、最初は怖いかもしれませんが、徐々に慣れてきます。

    スピード感と心地よさを同時に体感できるカヌーツアーは、爽快感たっぷりのアクティビティです。

    潮の満ち引きや、季節・時間によって表情を変えるマングローブ。

    特に干潮時には、シオマネキやノコギリガザミといった汽水域に生息する生き物も観察することができます。

    夕焼けや星空を見るツアーもあるので、天気予報と相談しながらツアーに申し込みましょう。

     

    ナイトツアー

    奄美大島の雄大なジャングルを車で走るナイトツアーは、スリル満点のアクティビティです。

    夜のジャングルは、昼に見せる表情とはまた違った雰囲気を楽しめます。

    日本初の国の天然記念物に指定された、アマミノクロウサギをはじめとする奄美の動植物たちに会いにいきましょう!

    夜の道を4WDでゆっくりと進んでいくと、アマミイシカワガエルやリュウキュウアカショウビン、リュウキュウコノハズクなどを見つけることができるかもしれません。

    離島ならではの独自の生態系が育んだ希少生物は、一見の価値アリです。

    車に乗っているだけなので、小さなお子様連れでも安心。

    ご家族・3世代で一緒に参加しましょう!

     

    シュノーケリング

    カラフルサンゴが広がる『アマミブルー』の美しい海は、シュノーケリングにぴったり!

    奄美大島周辺の海で体験できるシュノーケリングツアーは、小さいお子様やシュノーケリングが初めての方に、おすすめの初心者コースもたくさんあります。

    透明度の高い海で、かわいい熱帯魚たちと、ゆっくり触れ合ってみませんか?

    ファインディングニモで一躍有名になったカクレクマノミは、熱帯魚の中でも特に人気です。

    日本に生息しているのは6種類ですが、そのうちの3種類を奄美で見ることができます。

    幻想的な南国の海の世界を、堪能してください!

     

    まとめ

    今回は、7月の奄美大島の天気・おすすめの服装や持ち物・観光スポットなどをまとめました。

    7月は比較的天気がよく、半袖・短パンで過ごせそうですね。

    台風が不安要素になってしまいますが、こまめに天気予報をチェックして柔軟に対応しましょう。

    また、屋外・室内の温度差がありますので、体温調節のために羽織ものを持っていくことをおすすめします。

    日差しが強いので、日焼け止め・サングラス・帽子などの紫外線対策グッズは、マストアイテムです。

    7月は夏休みシーズンに入り、観光客がどっと押し寄せる季節になります。

    そのため、飛行機やホテル、興味のあるアクティビティは、早めに予約を取りましょう。

    手つかずの壮大な大自然に生息する、普段会えない希少動物。

    アマミブルーと呼ばれる、美しく青い海が魅力の素敵なビーチ。

    街の明かりがほとんどない真っ暗な中で鑑賞する満天の星空。

    たくさんの魅力にあふれる奄美で、非日常の空間を満喫しませんか?

    奄美大島の全て遊びはこちら↓
    奄美ツアーズ

     

    -この記事をシェアする-

    条件から探す

    予約から参加の流れ

    • ツアーを探す

      シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

    • 予約プランの申し込み

      申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

    • 予約確定

      予約が完了すると、奄美ツアーズから連絡がきます♪

    • ツアーに参加

      あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

    アクティビティから探す

    一覧を見る