奄美大島のアクティビティ予約なら"奄美ツアーズ"♪

奄美大島の11月の天気・服装・おすすめアクティビティ!

奄美大島は1年中暖かいといわれています。ベストシーズンは夏ですが11月はどうなのでしょうか?まだ海に入れるのか、おすすめのアクティビティなどまとめました。また天気やおすすめの服装をご紹介したので参考にしてみてください。繁忙期を過ぎてチいるので観光客も少なく、ゆったりとした時間を過ごすのにぴったりのまだまた暖かく過ごしやすい秋の奄美に足を運んでみましょう。

奄美の11月とは?

11月の奄美大島は涼しく心地よい風が吹く過ごしやすい時期です。晴れた日の昼間は暑く、朝夕はひんやりと冷え込むこともあります。台風は平均1~2個接近し、雨も比較的多いです。続いて詳しく天気についてみていきましょう。

奄美の11月の天気

次に気になる奄美大島の11月の天気ご紹介します。

11月の奄美大島の天気

平均気温:20℃(東京:12℃)

東京よりも8度高いので穏やかな気候で観光を楽しめます。

月間降雨量:230㎜(7月よりも100mm多い)

台風接近数:1.3個

奄美大島も11月に入ると涼しくなってきて、秋の気配が訪れます。嬉しいことに、台風シーズンも過ぎ、台風が接近する心配もほとんどありません。11月の平均気温は20.2℃。残念ながら、11月の海水浴は少し寒くて厳しいですが、ウェットスーツを着ればシュノーケリングやダイビングなどは楽しむことができます。

11月の奄美の服装と持ち物

服装

半袖だけでは少し寒いので、長袖やパーカー、カーディガンなどを羽織る方が良いでしょう。快晴の日はポカポカと暖かいので日中は半袖で過ごせることもあります。

11月のおすすめ持ち物

ウェットスーツやラッシュガード、朝夕は冷えるのでポータブルライトジャケットなど

奄美の11月におすすめスポット&イベント

国直集落

奄美大島の国直海岸

出典:4travel

国直集落は人口120人ほどの小さな集落。自然豊かな手つかずの、珊瑚礁の海と白い砂浜の国直海岸、アダン林やフクギ並木など美しい自然が広がります。生活に密着した自然や文化を体験プログラムとして体験できます。みなさんも集落民とともに島の暮らしを体験しませんか?SUP.シーカヤック、シュノーケリング体験できます。
国直海岸の詳細はこちら

マングローブ

東洋のガラパゴスといわれる自然が豊富な奄美大島で大人気のカヌーツアーの魅力をご紹介します。たった1日で島の自然を存分に満喫できるツアーなので、ぜひ体験してください。亜熱帯広葉樹である金作原(きんさくばる)原生林。生きた化石といわれる巨大なヒカゲヘゴなどが茂り、国指定天然記念物のルリカケスやキノボリトカゲなど、稀少な生物も生息しています1時間ほど観察しながら歩きます。

次に、迷路のように入り組んだマングローブの林の中をカヤックで探検します!マングローブの不思議な形の根っこや張り出した枝のトンネルを縫って、奥へと進みます。特有の自然を楽しみましょう。

住用トレイル

毎年恒例の「三太郎峠歩こう会」という、住用町で行われるウォーキング大会

A 川内フナンギョの滝・内海コース

B 古道三太郎峠・西仲間コース

C マングローブ・山間コース

D 戸玉・市コース

川と山を有し、奄美大島のなかでも特に自然豊かな住用町を満喫するのに万全のコースです。

加計呂麻島ハーフマラソン

~暖かい海と応援に包まれて~

第48作 「男はつらいよ寅次郎紅の花」の最終ロケ地でもある加計呂麻島。そんな有名な場所を眺めながらマラソンを完走しませんか。

2018年を参考に

コース 加計呂麻島 瀬相~薩川

会式    ・・・8:30

  • スタート(ハーフ)・・・9:00ハーフマラソンコース ※制限時間3時間30分
  • スタート(その他)・・・9:30(10㌔・駅伝コース)
  •        ・・・10:00 (5㌔コース)
  •        ・・・11:15 (3㌔コース)
  • フィニッシュ
  • 表彰式    ・・・13:00
  • 抽選会    ・・・13:30
  • 閉 会    ・・・14:10

【アクセス】

フェリー(定員:約300人)

(大人360円、大人往復690円、小人180円)

【開催日】11月?日

【費用】

小学生以下・・・2,000円(1人・税込)

中学生以上・・・3,000円(1人・税込)

【参加賞】

★大会オリジナル参加Tシャツ

★ナンバーカード(ゼッケン)

★大会プログラム

★完走証(完走者)

 

奄美の11月のおすすめアクティビティ

カヌー

奄美のカヌーはマンゴローブの中をカヌーで散策することが多いです。マングローブとは木の名前ではなく、熱帯・亜熱帯の海水と淡水が混ざり合う汽水域に生息する植物が形成するジャングルのこと!そのため、水の塩分濃度によって徐々に木々が徐々に変化していくところもカヌーの楽しみの一つで、誰でも簡単に濃いで乗る事が出来るのでお子様から年配の方まで楽しめます。

初めて自分でパドルを漕ぐと最初は怖いかもしれませんが、徐々に慣れてきて、楽しさ、スピード感、心地よさを体感できるカヌーツアーは爽快感たっぷりです。

ナイトツアーの詳細はこちら↓

ダイビング

色彩豊かな200種類もある珊瑚礁や竜宮城のような世界観を体感できる海の生物と触れ合える楽しいツアー。奄美ブルーの美しい海でのシュノーケリング体験はマストアクティビティです。

奄美大島でのダイビングで人気なのがウミガメとニモ。『竜宮伝説』が今なお残る奄美大島ではアカウミガメとアオウミガメと一緒に泳ぐこともできます。まるで浦島太郎になった気分になれますね。

ダイビングの詳細はこちら↓

SUP

SUP(サップ)とはスタンドアップパドルボートの略で、ハワイ発祥のマリンアクティビティで誰でも簡単に出来ます!水上に立っているかのような高い目線で大自然を見渡せます。比較的安定しており、力もそれほどいらないため、どなたでも楽しみながら体験できます。想像以上にスピードがでる爽快感をこの奄美の綺麗な海を独り占めしちゃいましょう。

奄美では8割以上の参加者が初めてSUPを体験する方ですが、ほとんどの方がツアーが終わるころには自由自在にクルージングすることが出来ます。マングローブ川、そして海と同じアクティビティでもフィールドが違うだけで、景色が全然異なり、体験できることが全く違うのも魅力的です。

SUPの詳細はこちら↓

ナイトツアー

出典:OKINAWATRIP

奄美大島の雄大なジャングルを車で回るジャングルナイトツアーで昼間とは表情の異なるジャングルをのぞき見しましょう!夜の人工の光の殆どない亜熱帯原生林の中で日本初の国の天然記念物に指定されたアマミノクロウサギにも出会えます。夜の動植物たちに出会いに行きましょう!昼間見える動物たちの可愛い寝顔も見れるかも?

夜の道を4WDでゆっくりと進みます♪アマミイシカワガエルやリリュウキュウコノハヅクなど離島ならではの独自の生態系が生んだ希少生物を観察できます。ご家族、3世代で一緒にどきどきワクワクを体験しましょう!

ナイトツアーの詳細はこちら↓

まとめ

今回は奄美大島11月の天気、おすすめの服装や持ち物をまとめました。また観光スポットやツアーについて詳しくご紹介しました。11月は少し涼しく海は泳ぐのは厳しいですが、ウェットスーツ着用でシュノーケリングなど楽しめます。朝晩は冷えるので、長袖や羽織ものが1~2枚程度あると安心して過ごせます。台風シーズンも終わり比較的穏やかな天候の中過ごせそうです。

滞在中は、初めてのSUP体験、マングローブ散策、夜はナイトツアーで珍しい動植物の見学ツアーなど、1日中楽しめます。普段味わえないような大自然、ハイキング気分で自然を散策、夜の動物世界をウオッチングなど、魅力的な奄美に行きませんか。

奄美大島の全て遊びはこちら↓
奄美ツアーズ

沖縄全域の全ての遊びはこちら↓
沖縄トリップ

-この記事をシェアする-

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、奄美ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!