さらに
絞り込む
該当プラン数 44
カテゴリーからプランを探す
    特徴からプランを探す
    奄美大島関連情報

    奄美大島の11月の天気・服装・おすすめアクティビティ!

    最終編集日時;
    投稿日時;

    11月に奄美大島へ旅行をしたことがありますか?

    奄美大島の観光のベストシーズンは夏ですが、台風シーズンとも重なってしまうのが難点です。せっかく旅行の計画を立てていても、台風のために予定していたスケジュールが全くこなせなかった、ということも珍しくありません。1年中暖かい気候である奄美大島は、秋になるととても過ごしやすい季節なので、繁忙期を過ぎた11月頃も旅行する時期としておすすめです。

    この記事では、奄美大島に11月に旅行するときの観光スポットや、おすすめのアクティビティなどについてまとめました。天気やおすすめの服装、海を楽しめるのかどうかについてもご紹介しているので、参考にしてみてください。オフシーズンの奄美は観光客も少なく、ゆったりとした時間を過ごすのにぴったりな場所なので、ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

     

    奄美の11月とは?

    11月の奄美大島は涼しく、心地よい風が吹いて、とても過ごしやすいです。晴れた日の日中は、汗ばむ陽気になることもありますが、夏のように強い日差しを気にする必要はなくなります。朝夕は20度以下になることも多く、11月に入ると冷え込みを感じる日が多いでしょう。

    台風が接近する数は、月に平均1~2個程度なので、予定していたアクティビティが中止になる心配はありません。また、本州と比べると雨の日が多いので、雨具などを忘れないようにしましょう。

     

    奄美の11月の天気

    ここでは、奄美の11月の天気について、詳しくみていきましょう。降雨量や台風接近数についてもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください!

     

    11月の奄美大島の天気

    平均気温:20.2℃(東京:12℃)

    東京よりも8℃ほど高く、だいたい4~5月くらいの気温です。春のような穏やかな気候で観光を楽しめますが、日照時間が少なくなるため、基本的な服装は半袖よりも長袖がいいでしょう。

     

    月間降雨量:230㎜(7月よりも100mm多い)

    11月の奄美大島は雨の日が多いです。ただ、沖縄本島の8割ほどの広さがあるとても大きな島ということもあり、同じ島の中でも雨が降っている場所と晴れている場所が異なります。そのため、雨具や着替えの他、気温が下がったときに羽織るカーディガンやパーカーなどの上着があると便利です。

     

    台風接近数:1.3個

    夏と比べると接近する台風の数は、ぐんと少なくなります。ダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティは、多少雨が降っていても実施されるので、ご安心ください!

     

    奄美大島も、11月に入ると涼しくなってきて、秋の気配が訪れます。嬉しいことに台風シーズンも過ぎているため、接近する心配はほとんどありません。アウトドアのアクティビティには、うってつけの季節といえるでしょう。

    11月の平均気温は20.2℃なので、残念ながら水着での海水浴は少し寒くて厳しいです。しかし、ウェットスーツを着ればシュノーケリングやダイビングなどは、楽しむことができます。海水浴にこだわらなければ、11月は奄美大島を観光するのにおすすめの時期です。

     

    11月の奄美の服装と持ち物

    次に、11月に奄美大島へ旅行するときのおすすめの服装と持ち物をご紹介します。気温や天候の変化に対応できるよう、さまざまなアイテムを準備しておきましょう!

     

    服装

    半袖だけでは少し寒いので、長袖やパーカー、カーディガンなど、羽織るものを荷物に加えておきましょう。雨の日が多いので、濡れたときのために着替えを余分に入れておくと安心です!快晴の日はポカポカと暖かいので、日中半袖で過ごせることもあります。

     

    11月のおすすめ持ち物

    ダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティを行う予定があれば、ウェットスーツやラッシュガードが必須アイテムです!体験ツアーに参加する場合は、ライフジャケットをレンタルすることができます。出発前には、レンタル可能なものと自分で用意するものを、事前にチェックしておきましょう。海釣りに出かける場合は、安全のため、ポータブルライトジャケットを着用するようにしてください。

    また、屋外で長時間活動する場合は、紫外線対策をしておくと安心です。日焼け止めや帽子、サングラスなどを用意しておくといいでしょう。

     

    奄美の11月におすすめスポット&イベント

    11月の奄美のおすすめスポットやイベントをご紹介します。手つかずの大自然が残されている奄美大島は、島固有の動植物も多く生息しています。奄美でしか見ることのできない素晴らしい自然は必見です。

    大自然の中で楽しむウォーキングやマラソンなどのイベントも毎年開催されています。体力づくりのためにも参加してみてはいかがでしょうか。

     

    国直集落

    奄美大島の国直海岸

    出典:4travel

    国直(くになお)集落は、人口120人ほどの小さな集落です。手つかずの豊かな自然が広がっており、人気の観光スポットとなっています。珊瑚礁の海と白い砂浜の国直海岸、アダン林やフクギ並木など、奄美独特の美しい風景がとても魅力的です。生活に密着した自然や文化を、体験できるようになっています。みなさんも地元の人たちと一緒に、島の暮らしを体験しませんか?

    他にも、SUPやシーカヤック、シュノーケリングも体験することができます。

    国直海岸の詳細はこちら

     

    マングローブ

    「東洋のガラパゴス」といわれる、自然が豊富な奄美大島の中で、いちばん有名な場所の1つがマングローブ林です。マングローブ林の魅力を、手っ取り早く堪能したいのであれば、カヤックツアーがおすすめ!

    迷路のように入り組んだマングローブ林の中をカヤックで探検します!マングローブの不思議な形の根っこや、張り出した枝のトンネルをくぐって奥へと進んでいきましょう。同じ日本とは思えない、熱帯のジャングルを探検しているかのような気分を味わうことができます。

     

    金作原原生林

    亜熱帯広葉樹が生い茂る金作原(きんさくばる)原生林。生きた化石といわれる巨大なヒカゲヘゴなど、自分の背丈の何倍もある熱帯植物がたくさん生えています。ヒカゲヘゴは、草食恐竜のえさにもなっていたといわれており、恐竜時代にタイムスリップしたような感覚を味わえるかもしれません。

    また、散策ツアーは1時間程度であり、2019年よりエコツアーガイドが同行するというルールが追加されました。原生林の中には、国指定天然記念物のルリカケスやキノボリトカゲなども生息しています。ガイドが一緒であれば珍しい動物も見つけやすいので、興味がある人はぜひ参加してみてください!

     

    奄美トレイル

    奄美トレイルは、奄美群島をつなぐ長距離の自然歩道です。散歩しながら、奄美地方独特の雄大な自然や美しい景色を楽しめるという素晴らしさは、世界自然遺産に認定されているほどです。

    奄美大島だけで、29ものコースがあるので、どこを歩こうか迷ってしまいますね。マップもエリアごとに8種類あり、販売されている場所によって、取り扱っているマップが違います。購入する前によく確認するようにしましょう。

     

    住用トレイル

    住用(すみよう)エリアのトレイルコースは2018年1月に開通しました。トレイルの中で最初に開通したということもあり、とても人気のコースとなっています。コースは全部で4つです。

    A 川内フナンギョの滝・内海コース

    B 古道三太郎峠・西仲間コース

    C マングローブ・山間コース

    D 戸玉・市コース

    これら4つの中で、Bの古道三太郎峠・西仲間コースがいちばん難しいといわれています。体力に自信のない人は、他の3つのコースから選ぶといいでしょう。

    住用トレイルでのウォーキングイベントは、毎年2月頃に住用町で開催されている「三太郎峠歩こう会」というウォーキング大会と、同時に行われています。山あり川ありで、マングローブ林もある住用町。奄美大島の中でも、特に自然豊かなエリアを満喫するのに万全なコースといえるでしょう。

     

    加計呂麻島ハーフマラソン

    奄美大島の南隣に位置する加計呂麻島(かけろまじま)は、第48作 「男はつらいよ寅次郎紅の花」の最終ロケ地としても有名です。にほんの里100選にも選ばれている風光明媚な場所を眺めながら、マラソンを完走しましょう。ハーフマラソンの概要は、次の通りです。

     

    コース 加計呂麻島 瀬相~薩川

    会式…8:30

    スタート(ハーフ)…9:00 ハーフマラソンコース ※制限時間3時間30分

    スタート(その他)…9:30(10km・駅伝コース)

                   …10:00(5kmコース)

                …11:15(3kmコース)

    フィニッシュ

    表彰式        …12:50

    抽選会     …13:25

    閉 会     …14:10

     

    【アクセス】

    フェリー(定員:約300人)

    (大人360円、大人往復690円、小人180円)

    【開催日】11月?日

    【費用】※フェリーかけろまの費用込です。

    小学生以下・・・2,000円(1人・税込)

    中学生以上・・・3,000円(1人・税込)

    【参加賞】

    ★大会オリジナル参加Tシャツ

    ★ナンバーカード(ゼッケン)

    ★大会プログラム

    ★完走証(完走者)

     

    当日配布されるゼッケンで、大会終了後抽選会が行われます。エイドステーションでは、加計呂麻島で採れた黒糖などが用意されています。

    ハーフマラソンは、高校生以上が対象となっていますが、小学生であれば3kmか5kmのコース、中学生は10kmのコースに参加することが可能です。魅力いっぱいのマラソン大会なので、家族で参加してみるのもいいですね。

     

    奄美の11月のおすすめアクティビティ

    奄美大島で11月に体験できるおすすめのアクティビティをご紹介します。11月は爽やかな風が吹く過ごしやすい時期なので、アウトドアのアクティビティを楽しむのにぴったりです!初心者でも、ツアーに申し込めばレクチャーを受けられるので、安心です。

     

    カヌー

    奄美のカヌー体験は、マングローブ林の中で行われることが多いです。マングローブとは木の名前ではなく、熱帯・亜熱帯の海水と淡水が混ざり合う汽水域に生えている植物が形成するジャングルのことです。そのため、水の塩分濃度によって、生い茂っている木の種類が徐々に変化していきます。

    そんな魅力ある景色を楽しむには、川を悠々と進んでいくカヌーがおすすめ。誰でも簡単に漕いで乗ることができるので、お子様から年配の方まで楽しめます。初めて自分でパドルを漕ぐと怖いかもしれませんが、すぐに慣れてきます。楽しさ・スピード感・心地よさを体感できるカヌーツアーで、マングローブ林を散策してみませんか。

    カヌーツアーの詳細はこちら↓

     

    ダイビング

    アマミブルーの海の世界を堪能したいという人は、シュノーケリングよりもっと深く潜ることができる、ダイビングがおすすめです。『竜宮伝説』が今もなお残る奄美大島で、ウミガメと一緒に泳ぐことができるチャンス!『ニモ』で有名なカクレクマノミをはじめとする熱帯魚も魅力的です。特に、大島海峡周辺の海には、200種類もある色彩豊かなサンゴがサンゴ礁を形成しており、竜宮城さながらの景色を見ることができます。

    体験ダイビングであれば、ライセンスを持っていなくてもダイビングが楽しめます。ガイドが付き添ってくれるので、泳ぐのが苦手な人もぜひチャレンジしてください!また、ダイビングをした当日は飛行機に乗ることができませんので、注意しましょう!

    ダイビングの詳細はこちら↓

     

    SUP

    SUP(サップ)とは、スタンドアップパドルボードの略で、ハワイ発祥のマリンアクティビティです。見た目より難しくなく、比較的簡単にボードに立って漕げるようになります。水上に立っているかのような高い目線で、大自然を見渡せるのが醍醐味です。

    ボードの上は思った以上に安定しており、バランス感覚さえつかんでしまえば、力もそれほど必要ありません。奄美でSUPに参加する8割以上の人が初体験ですが、ほとんどの人がツアーが終わるころには自由自在にクルージングできるようになるので、ご安心ください!想像以上にスピードがでる爽快感と、奄美のきれいな海をひとり占めしちゃいましょう!

    また、SUPにはマングローブ林の中を流れる川での体験ツアーもあります。海と同じアクティビティでも、フィールドが違うと景色も変わるので、また異なる雰囲気を楽しむことができます。

    SUPの詳細はこちら↓

     

    ナイトツアー

    出典:OKINAWATRIP

    奄美大島の雄大なジャングルを車で回るジャングルナイトツアーは、とても人気のアクティビティです。昼間とはまったく表情の異なるジャングルをのぞき見しましょう!人工の光がほとんどない亜熱帯原生林の中で、日本初の国の天然記念物に指定されたアマミノクロウサギなど、夜に活動する生き物たちに出会えるチャンスです!夜の道を4WDでゆっくりと進んでいくと、アマミイシカワガエルやリュウキュウコノハズクなど、離島ならではの独自の生態系が生んだ、希少生物を観察できます。

    車に乗っているだけなので、年齢問わず誰でも参加可能です。家族みんなで、奄美の夜を満喫してください。

    ナイトツアーの詳細はこちら↓

     

    まとめ

    今回は、奄美大島の11月の天気・おすすめの服装・持ち物・観光スポットやツアーについて、詳しくご紹介しました。11月は少し涼しく、海で水着のまま泳ぐのは厳しいですが、ウェットスーツを着用すれば、シュノーケリングなどは十分楽しめます。台風シーズンも終わり、天気の心配もないので、穏やかな天候の中で過ごすことができます!しかし、朝晩は冷えるので、長袖や羽織るものが1~2枚程度あると安心です。

    滞在中に、SUP・マングローブ散策・ナイトツアーなど、各種アクティビティツアーを楽しんでみてください!普段味わえないような大自然に溢れている奄美に、行ってみませんか?

    奄美大島の全て遊びはこちら↓
    奄美ツアーズ

    -この記事をシェアする-

    条件から探す

    予約から参加の流れ

    • ツアーを探す

      シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

    • 予約プランの申し込み

      申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

    • 予約確定

      予約が完了すると、奄美ツアーズから連絡がきます♪

    • ツアーに参加

      あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

    アクティビティから探す

    一覧を見る