奄美大島のアクティビティ予約なら"奄美ツアーズ"♪

奄美の手付かずの大自然を感じるならナイトツアーがオススメ!

奄美大島に旅行で来たらナイトツアーは必見のプラン!夜の人工の光の殆どない亜熱帯原生林の中に4WDやバンに乗り、真っ暗なジャングルを夜行性の動植物を求めて進みます。真っ暗な夜の中、奄美に住む人しか知らないような、世界的にも稀有な豊かなジャングルの奥へお連れします。ドキドキ・ワクワクの体験が待ってます!

奄美のナイトツアーでの神秘の森探検では、夜行性の動物以外にも、日中に活動している固有種の可愛らしい寝顔が見ることが出来るかも⁈もちろん動物だけでなく、島の覆う亜熱帯原生林の夜に出会う植物などみどころ沢山です。ナイトツアーだからこそ見ることのできる絶景を楽しみましょう。

ナイトツアーでは日本初の天然記念物アマミノクロウサギに出会える。

奄美のナイトツアーでは日本初の国の天然記念物に指定されたアマミノクロウサギにも出会えます。アマミノクロウサギは夜行性で全身黒色のウサギ科。また、離島という環境がクロウサギを守って来たため、原始的な形態を今なお残しており、耳や足が短い珍しい形を残しています。また、近年個体数が減少しており、奄美大島では約3000頭ほどに減少してしまい、絶滅危惧種に指定されています。そんなアマミノクロウサギをナイトツアーでは高い確率で見ることが出来ます!

他にもナイトツアーでは沢山の生き物に会えます!

絶滅危惧種のアマミノクロウサギだけでなく、奄美固有の野生生物に出会えるのがナイトツアーの魅力。わずか数時間の間に、アマミイシカワガエルやリュウキュウアカショウビン、リュウキュウコノハヅクなど離島ならではの独自の生態系が生んだ希少生物を観察できます。鳴き声や草むらの音を頼りに、夜のジャングルに住む動物を探し求めます。ナイトツアーでは中々一人ではいけないような奄美のジャングルへネイチャーガイドがしっかりサポートしながら進みます。ぜひ、奄美の夜の大自然、奄美の最大の魅力を自分の目で味わいましょう。

3世代で楽しめる奄美のナイトツアー

東洋のガラパゴスといわれる奄美大島。多種多様な動植物を数時間で見られるナイトツアーですが、フルオープンの車でのツアー(雨の日を除く)のため、 基本的に歩かなくても大丈夫。そのため、小さいお子様からご年配の方まで3世代でツアーを楽しむことが出来ます。また、奄美のナイトツアーでは、多数あるポイントの中からその日、その時のコンディションに応じてベストなポイントへお連れし、お客様にご満足頂けるようなナイトツアーを開催しております。

持ち物一切不要のナイトツアー

現地に着いてから行きたくなってもご案内可能なようにナイトツアーでは基本的に持ち物は一切不要です。但し、亜熱帯地域とは言え、夜のジャングルは多少冷えますので、10月~6月は暖かい服装でお越しください。それ以外は楽しむ気持ちさえあれば大丈夫!ワクワク・ドキドキの夜のジャングル探検がすぐそこに待っています!

天気が良ければ満天の星空も!

奄美の夜はジャングル探検だけでないんです!真っ暗な夜に美しい光を与えてくれるのが満天の星空。天の川の星の群れがはっきりと見える日も多いです。もちろんおすすめは空一面の星空ですが、亜熱帯ジャングルらしい高い木々から見える星空も南国感たっぷりで素晴らしいです。流れ星がビュンビュン飛ぶときもあり、ここが日本!?と思うようなこともあります。ぜひ奄美のナイトツアーではジャングル探検だけでなく、神秘的な夜の星空も合わせてみましょう!

ナイトツアーでは他にも沢山見どころがある!

奄美の夜は絶滅危惧種のアマミノクロウサギだけじゃないんです!6月~8月にかけてはジャングルに青く輝く『キイロスジボタル』の群れを見ることが出来ます。木々に生息しているホタルは天然のイルミネーションの様。また、他にも7月~9月にかけてはバニラのような甘い香りを漂わせる”幻の一夜花”サガリバナなども見ることが出来ます。このサガリバナは夜21時頃に白やピンクの美しい花を咲かせ、朝には散ってしまう美しくも儚い花です。同時期に旅行に来たら、甘い香りで人々を魅力する『サガリバナ』を観察するのもいいですね。

このアクティビティを含むプラン

アクティビティ一覧

特別コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、奄美ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!