奄美大島のアクティビティ予約なら"奄美ツアーズ"♪

夏休みに奄美大島旅行へ行く前に知っておくこと!

夏休みは、多くの人が国内外問わず旅行へ行くシーズン。特に夏がベストシーズンである奄美大島には、多くの観光客が足を運びます。今回は夏休み期間中の奄美大島で気をつけたいことから、おすすめのアクティビティなどについて紹介します。これから奄美大島で夏を過ごそうと計画している方、必見ですよ!

奄美大島の夏休みとは?

奄美大島は夏がベストシーズンとされており、人数や目的を問わず多くの観光客が訪れます。アクセスとしては主にフェリーと飛行機。ただし、この期間は航空券やホテル代、自由気ままに移動できるレンタカー代などが高騰しており、格安な旅にしたい方には不向きといえるでしょう。また、予約がすぐに埋まってしまうため、早めに動き始める必要があります。

台風状況

夏休みシーズンはちょうど台風と重なります。もし、旅行している最中に台風が上陸すると、アクティビティの中止はもちろんのこと、外出さえもできない状況に。離島ということもあり、断水してしまったり食料が本州から届かなかったりなどの問題も発生します。旅行計画を立てると同時に、天気予報も確認しておきましょう。また、台風よる飛行機やフェリーの欠航に備えて、旅行後に1日ほど休みを設けておくのもおすすめです。

夏休みの奄美大島の天気・服装

夏の奄美大島で快適に過ごす上では、服装や天気を把握しておくことが大切。ここでは、夏休み期間中にぴったりな服装や天候について紹介します。

夏休みの奄美大島の天気

夏の奄美大島は最高気温が30度を超える日があり、快晴の日が多いです。ただし、ずっと晴れているわけではなく、台風によって大きく天候が荒れてしまう場合も。また、夜でも暑い日が続くため、寝苦しいと思う方もいます。

夏休みの奄美の服装

服装は、半袖半ズボンや袖なしのワンピースなどがおすすめ。夏の奄美大島で快適に過ごすためには、どれだけ快適に過ごせるかが大切です。しかし肌の露出が増えるため、日焼けに注意。帽子やサングラス、薄手の羽織ものなどの日焼け対策をしておくのがいいでしょう。また、飲み物を用意してこまめに水分補給することで、脱水症状な熱中症を防げます。そのほか、靴ではなくサンダルにすると、気軽にビーチへ行けますよ、

奄美旅行を夏休みに行くべき人気のスポット

奄美大島には様々な観光スポットが点在。今回は夏休みの奄美大島散策にぴったりな観光スポットを3箇所ピックアップしました。紹介するスポットの中には、奄美大島や鹿児島市からのフェリーが往来する港から離れている場合も。その際には、レンタカーやレンタサイクルを利用することで、効率よく巡れますよ。夏休み期間中はどちらも人気が高いため、移動の幅を広げたい方は、早めに予約しておきましょう。

土盛海岸

奄美大島の土盛海岸

出典:4travel

ブルーエンジェルという呼び名が付くほど、美しく透き通った海が見える土盛海岸。奄美空港から北へ10分ほど走った場所にあります。駐車場も完備されており、レンタカーで向かっても問題ありません。海水浴やサーフィン、マリンスポーツなど様々な遊び方ができるビーチです。ただし、波が強い場合もあるため子供と遊ぶ際にはご注意を。土盛海岸近くには、レストランや宿泊施設もあり、海岸周辺でお腹を満たしたり、疲れをとったりできますよ。空港近くで海を眺めたいときにぴったりです。

倉崎ビーチ

奄美大島の倉崎ビーチ

出典:4travel

奄美大島から南西部へ30分ほど車を走らせた先にある倉崎ビーチ。トイレやシャワールーム、更衣室はありませんが、その分他のビーチと比べてのんびりとした時間が過ごせます。観光客も少ないため、タイミングが合えばプライベートビーチのような状況に。駐車場もあるので、車で向かっても大丈夫です。近くにはホテルもあり、倉崎ビーチ周辺で宿泊することも可能。ダイビングスポットでもあるため、アクティビティを楽しみたい方にもうってつけです。

奄美市大浜海浜公園

奄美大島の大浜海浜公園

出典:4travel

奄美市大浜海浜公園は、鹿児島市からのフェリーが往来する名瀬港から車で15分ほどの観光スポット。キャンプ場やビーチ、奄美大島周辺の海が分かる奄美海洋展示館などがあり、1日中遊べます。特に見はらし広場から見る景色は写真撮影にぴったり。夕方に訪れると、空と海を赤く染めて沈む夕日が眺められます。シャワールームやトイレはもちろんのこと、自動販売機やロッカーまで完備。充実した海水浴やマリンスポーツを楽しめます。

 

奄美大島の夏休みにおすすめアクティビティ5選

観光スポット巡りと同時に、アクティビティに参加することで、さらに奄美大島での旅行を楽します。今回は5つのアクティビティをピックアップしました。ここからは、それら1つずつを紹介します。

シュノーケリングツアー

奄美大島周辺の海は透き通っており、アマミブルーと呼ばれるほど。シュノーケリングでは、そんなアマミブルーの海に生息する魚を観察しながら泳げます。特にサンゴの数が多く、200種類以上も生息。初心者でもしっかりと泳ぎ方をレクチャーするため、これまで経験したことない方でも問題ありません。奄美大島にはいくつものシュノーケリングポイントがありますが、見られる生き物が少し異なります。サンゴ礁が多いエリアや、ウミガメと泳げるエリアなど、自分が見てみたい世界に合わせてツアーを予約してみてください。

シュノーケリングツアーの詳細はこちら↓

ダイビングツアー

シュノーケリングよりもさらに深く知りたい方は、ダイビングがぴったり。ライセンス不要の体験ダイビングツアーもあり、奄美大島で初のダイビングにチャレンジすることもできます。ダイビング自体シーズン問わず開催されており、夏休み期間中でも予約可能。海底には手付かずの世界が広がっているため、一度見たらハマってしまうかもしれません。必要な道具は全てレンタル可能であり、濡れてもいい服装や日焼け防止グッズといった最低限の持ち物さえあれば参加できます。もちろん、ライセンス所持者向けのツアーもありますよ。シュノーケリングよりも楽に習得できる方もいるため、気になる方はぜひ体験してみましょう。

ダイビングの詳細はこちら↓

SUPツアー

カジュアルなアクティビティとして人気のSUP 。スタンドアップパドルサーフィンの略であり、サーフボードのような板とパドルを使って楽しみます。奄美大島では、海やマングローブがある川などで開催されており、子供から大人までボードを乗りこなせます。アクティビティ前の講習も短時間であり、コツさえ掴めば5分でマスターしてしまうことも。水着や日焼け防止対策グッズを用意した上で、指定された集合場所に向かいましょう。ツアーの中には、夜に行うものからヨガと組み合わせたものまで、幅広く揃っています。

SUPツアーの詳細はこちら↓

カヌー(カヤック)ツアー

カヌーやカヤックツアーは、奄美大島の自然の中を漕ぎ勧められるアクティビティです。奄美大島は東洋のガラパゴスと呼ばれるほど独特の自然が形成されており、カヌーに乗って自然の中を探検。間近でマングローブの雰囲気を感じられますよ。一方、海で行うカヤックツアーは2人乗りのため、好きな人とアクティビティを楽しみたいときにぴったり。奄美大島の定番アクティビティなので、気になる方は早めの予約をおすすめします。

カヌー・カヤック体験の詳細はこちら↓

マリンスポーツ

スリルを味わいたい方や、ワイワイ盛り上がりたい方はマリンスポーツに参加してみましょう。複数で楽しめるバナナボートから、1人で楽しめるウェイクボードまで、複数のスポーツを用意。初めての方向けに講習もあるため、安全に遊べます。潮風を浴びながら、爽快感あふれる時間を過ごしてみましょう。

マリンスポーツの詳細はこちら↓

まとめ

今回は夏休みの奄美大島における服装やアクティビティ、観光スポットについて紹介しました。夏の奄美大島は人気が高く、混雑しやすいシーズン。暑い日差しの下、友人や家族と遊びたい方は、早めに行動することをおすすめします。まだ計画を立てていない方は、今回の記事を参考に計画を練ってみてはいかがでしょうか。

奄美大島の全て遊びはこちら↓
奄美ツアーズ

沖縄全域の全ての遊びはこちら↓
沖縄トリップ

-この記事をシェアする-

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、奄美ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!