奄美大島のアクティビティ予約なら"奄美ツアーズ"♪

奄美大島旅行を冬にするおすすめの理由

奄美大島の大島海峡

奄美大島といえば夏のイメージがあるかもしれません。しかし、それとは正反対の冬でも十分に楽しめる観光スポットやアクティビティが揃っています。今回は、冬の奄美大島の魅力について紹介します。

奄美大島の冬とは?

冬に奄美大島を旅行するメリットは4つあります。1つずつチェックしてみましょう。

冬に奄美旅行をするメリット

冬の奄美大島の平均気温は16度ほど。風や日差しによって体感温度が変わりますが、本州の冬と比べて暖かいです。冬の寒さが苦手な方には、奄美大島の気温がぴったりではないでしょうか。

観光客が少ない

奄美大島の冬は観光客が少なく、のんびりとした雰囲気が感じられます。自由気ままにドライブしたい人や、人が多い観光地が苦手な方にはおすすめのシーズン。アクティビティに参加すれば、ガイドやインストラクターと深く話すこともできます。

飛行機・宿泊代が安い

ベストシーズンである夏やGWの場合、航空券やホテル代が高騰する場合があります。冬の場合は、夏と比べて安い価格になっているため、できる限り格安で旅行したい人にはぴったり。レンタカーの在庫も切れる心配がないため、乗りたい車を予約できるかもしれません。

人気飲食店も混んでない

奄美大島には様々な人気料理店がありますが、人が多いと混雑している場合があります。上記で述べた通り、冬は観光客が少なく、そこまで混雑することはありません。家族や好きな人とゆったり食事を楽しめますよ。

冬におすすめの奄美大島の人気スポット

奄美大島にはいくつもの観光スポットが点在。その中でも冬にぴったりな5つの観光スポットを紹介します。奄美空港や中心部から離れていることもあるため、事前にレンタカーやレンタサイクルを予約しておくのがおすすめ。徒歩よりもスムーズに目的地へ行けます。

ホエールウォッチング

奄美大島のホエールウォッチングは、冬がベストシーズン。奄美大島周辺の海では鯨の数が増加しており、気軽に見ることができます。間近での鯨は、圧巻されること間違いなし。ただ眺めるだけはもちろん、思い出として写真撮影しておくのもいいでしょう。他のシーズンでは見られないため、冬の奄美大島ならではの観光スポットです。

 

宮古崎

奄美大島の国定公園宮古崎

出典:4travel

奄美空港から車で1時間ほどの場所にある、宮古崎。大和村エリアの中でも特に絶景が見られるビューポイントであり、奄美大島周辺の美しい海を眺められます。過去には大河ドラマの撮影場所として使われたこともあり、奄美大島の中でも注目されている観光スポットです。

 

ヤドリ浜キャンプ場

出典:4travel

家族や友人とワイワイ楽しみたい時には、ヤドリ浜キャンプ場へ足を運びましょう。加計呂麻島の近くにあるヤドリ浜キャンプ場では、海を眺めながらバーベキューやキャンプが楽しめます。目の前にビーチがあるため、子供と水遊びしたり、友人と泳いだりすることが可能。もちろん、シャワールームやトイレなども用意されています。1日中ヤドリ浜キャンプ場で遊んで、日頃の疲れやストレスをリフレッシュしてみましょう。

フォレストポリス

奄美大島の奄美フォレストポリス (マテリヤの滝)

出典:4travel

フォレストポリスは家族連れにぴったりな観光スポット。アスレチックが楽しめる遊具が揃っており、自然の中で存分に遊べます。近くには渓流が流れるエリアもあり、水遊びすることも可能。キャンプ場も併設されているため、1日中楽しめますよ。また遊歩道が設置されている水辺で、奄美大島に生息する昆虫を間近で観察することもできます。楽しみながら学べる自然の観光スポットです。

 

いざり

いざりとは、冬の奄美大島で行われる伝統的な漁のこと。真夜中に行われる漁であり、干潮時を狙って海岸で貝やタコなどを捕まえることができます。釣竿といった道具もいらないため、気軽にチャレンジ可能。ただし夜遅く行うため、ライトを持っておきましょう。どんな生き物が奄美大島周辺に住んでいるのか観察してみるといった目的でも楽しめますよ。

 

冬におすすめの奄美大島アクティビティ

観光スポットだけではなく、アクティビティが多いことも奄美大島の特徴です。様々なアクティビティの中から、冬でも遊べるものを5つピックアップしました。

ナイトツアー

奄美大島には様々な夜行性の生き物が生息しています。ナイトツアーでは、そんな生き物たちを目の前で観察。車に乗ってジャングルの中に行くため、冒険家のような気分になれますよ。夜のジャングルで見られる生き物は、アマミイシカワガエルやリュウキュウコノハヅク、リュウキュウアカショウビンなど、その中でも特にチェックしておきたい生き物がアマミノクロウサギです、国の天然記念物に指定されており、一般的なウサギと比べて耳と足が短いことが特徴です。島民が大切に扱う動物でもあり、過去には貴重な奄美大島の動物を巡って裁判を起こしたこともあります。また、空を見上げると満天の星空が広がっており、ナイトツアーだからこそ楽しめる魅力の1つ。奄美大島の冬は日中よりも冷えやすいため、しっかいと防寒対策をした上で参加しましょう。

ナイトツアーの詳細はこちら↓

ものづくり体験

奄美大島では伝統的なものづくりが行われてきた離島。その中でも有名なものが大島紬であり、ゴブラン織り、ペルシャ絨毯と並ぶ世界三大織物の1つと数えられています。大島紬は全て手作業で行われるものであり、その分100年も持つほどの耐久性を持っています。ものづくり体験では、大島紬に関する3つの体験が可能。1つは藍染・泥染体験であり、オリジナルのTシャツやハンカチが作れます。もう一つは、はた織り体験。初心者でもできるように、しっかりとスタッフが教えるので、その日のうちに作品を作れます。最後は着付け体験であり、高級な大島紬を実際に身に纏えます。写真撮影もできるため、旅行の思い出としてもぴったり。天候が悪い時でも開催されており、気軽にいつでも楽しめますよ。

ものづくり体験の詳細はこちら↓

カヌー・カヤック体験

奄美大島のアクティビティの定番として知られるカヌー・カヤック体験。透き通った海を漕いだり、マングローブに囲まれた川を漕いだりなど、様々なエリアで楽しめます。どちらもアクティビティ前に、しっかりとインストラクターが漕ぎ方や乗り方に関することをレクチャー。これまで乗ったことがない方でも、短期間で楽しめるようになります。カヌーの楽しさは、なんといっても水面を滑っているかのような気分が味わえること。マングローブの場合は、間近で植物や生きものを観察できます。インストラクターが参加者のスピードに合わせて案内するため、置いてかれる心配はありません。カヤックは2人で乗れるので、カップルで参加したいときにおすすめです。夕焼けになると、LEDでカヤックの底が照らされ、ロマンチックな雰囲気に。カヌー・カヤック体験は、どんな人でも楽しめる要素が詰まったアクティビティです。

カヌー・カヤック体験の詳細はこちら↓

SUP体験

新感覚のアクティビティにチャレンジしてみたい方は、SUPがおすすめ。スタンドアップパドルサーフィンの略であるSUPは、分厚いボードの上に立ってパドルを使って漕ぎ進めるアクティビティです。元々はハワイで生まれたものですが、現在では世界各地のリゾート地で人気。初めての方でもすぐに乗りこなせるようになり、まるで海の上に立っているかのような気分になれます。奄美大島のSUPツアーは、場所や時間を選ぶことができ、夕日を見ながらSUPにチャレンジすることも可能。シーズン問わず開催されているため、冬に奄美大島を観光したい方でも、参加できます。

SUPツアーの詳細はこちら↓

ダイビング

奄美大島周辺の海には、数多くの生き物が生息しています。ダイビングは、そんな奄美大島の海を深く知れるアクティビティです。ライセンス不要のプランもあり、人生初のダイビングを奄美大島でしてみることも可能。もちろん、経験者向けのコースもありますよ。奄美大島周辺の海は、エリアによって見られる生き物がことなります。見てみたい生き物に合わせて、プランを選んでみましょう。

ダイビングの詳細はこちら↓

まとめ

今回は、冬の奄美大島でおすすめの観光スポットやアクティビティについて紹介しました。この記事を参考に、冬の奄美大島での旅行プランを立ててもらえると幸いです。

奄美大島の全て遊びはこちら↓
奄美ツアーズ

沖縄全域の全ての遊びはこちら↓
沖縄トリップ

-この記事をシェアする-

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、奄美ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!